助産師を知るなら【必見!看護師のキャリアアップ 助産師編】

キービジュアル

助産師のなり方って?求人は?知りたい情報はここにある!

助産師の今後

分娩数は減って、産科の医師も減ってはきていますが、出産ということについて社会が無関心になったかというとそうではありません。少子化について解決しようという動きはすでに盛んになってきていて、助産師もそのメインプレイヤーとして求められることが多くなってきているのです。経験不足な妊婦のサポートや、より理想的な出産をプロデュースすること、働く女性も子供をもつことができるように社会を支えていくこと、それらが助産師という職業に必要とされています。出産を総合的にサポートする助産師は今後さらに求められるのです。

助産師になりたい!

助産師は女性の妊娠から産後、育児まで、また新生児に対し、専門的知識と技術をもってサポートを行っています。助産師の主な活躍の場は病産院やクリニックです。正常妊娠の妊婦であれば、医師の指示がなくても処置が可能な助産師。国が導入を進めている助産師外来では、資格をフルに活かして活躍できるでしょう。産科医不足が問題となる社会で、期待が高まっている資格と言えます。
そして、やっぱり気になるのはお給料。常勤・日勤常勤・パートという勤務形態の違いで、どのくらいの差があるのでしょう。ライフスタイルに合わせて働きたい方は、気になるところですね。
スキルアップしたい方が知っておきたい、助産師の情報をまとめています。ぜひチェックしてください。

助産師になるには?

助産師になる方法は、大きく分けて2種類あります。1つ目は、すでに看護師の方が目指す場合。この場合は、1年間助産師学校に通うことで、国家試験の受験資格が得られます。2つ目は、助産師コースのある看護大学で、看護師と助産師の2つを目指す場合。国家試験は同時受験で簡単ではないものの、一気に2つの国家資格を手に入れるチャンスもあります。
助産師の資格を取得するまでに大変なのは、国家試験というイメージがあるかもしれません。しかし、合格率は毎年高いのが現状。実は、助産師学校への入学、さらにその過程が非常に大変なのです。
新しい命の誕生に関わる助産師。資格取得までの道のりは簡単ではありません。助産師になるとしたら、どのような準備が必要かイメージしてみましょう。

助産師の転職事情

助産師は「もっと母子と関わりを持ちたい」「家庭を大切にしたい」などの理由から、転職を考えています。看護師よりは求人が少ないものの、助産師は確実に社会で必要な資格。ライフスタイルに合わせて働き方を変える方も多いため、こまめな求人チェックが大切です。助産師の大きな特徴のひとつは、開業する権利を持つこと。理想の助産院を開くことも夢ではありません。
助産師に必要な情報を得たい、スキルアップしたいという方は助産師会をチェックしてください。会員には多くの特典がありますよ。
希望に合う転職先探しにオススメの方法は、看護師専門の求人サイトの利用。コンサルタントが条件に合う職場をきっと見つけてくれます。
ここでは転職に役立つ情報や、助産師会の上手な利用方法をご紹介しているので、参考にしてくださいね。

助産師の転職を成功させたい!

転職を決めたなら一発で採用されたいですよね。不採用になったら気持ちも落ちてしまいますし、また応募先を探したりと労力ばかり使ってしまいます。ここでは、オススメの転職先の探し方から面接に受かる方法までご紹介します。最近は、転職に成功するだけでお祝金がもらえるサイトがたくさんあり、サポートも充実しているので使わない手はないですよね。また、助産師さんは履歴書や面接など苦手な人も多いでしょうから、その対策もご紹介します。

よく読まれている記事

  • おすすめ求人サイト
    おすすめ求人サイト 看護師に比べると求人数は少ない助産師。希望の転職先を見つけたいなら、看護師求人サイトにお任せするのがオススメです!
  • 助産師を目指す人はまずチェック!
    助産師を目指す人はまずチェック! 助産師になるまでの流れをはじめ、必要な費用や期間をご紹介しています。資格取得に向けて動き出す前に、ぜひご確認ください。
  • 助産師外来とは?
    助産師外来とは? 助産師の資格を活かせる現場といえば、助産師外来!妊婦さんに人気で、さらに産科医の負担を減らせる役割としても注目されています。その内容とは?