目指す前に知っておきたい情報!助産師の資格や仕事について知ろう

キービジュアル

助産師になりたい!

助産師になりたい!

助産師が最も高い給与を期待できる働き方は、夜勤もこなす常勤です。夜勤の回数や夜勤手当が助産師の給与を左右する大きなポイント。資格手当ても付き、看護師以上の給与が期待できるため、給与アップを目指す方は注目ですね。仕事と家庭の両立を目指しているママさん助産師や、体力に自信がなくて夜勤ができない方に人気の日勤常勤やパート。こちらも他の職種より高い給与が期待できます。
地域や職場の待遇によっても大きな差があるので、転職を考えるときにはしっかり調査するのをオススメします。さあ、気になる金額をチェックしてみましょう!

助産師外来では、助産師が正常妊娠の妊婦に対して妊婦健診や保健指導を行なっています。助産師主体でスキルをしっかり活かせるので、やりがいのある仕事ができます。
助産師外来は国も導入を進めています。その背景にあるのは、産科医が不足しているという問題。助産師外来があれば、医師はハイリスク妊婦の診察に専念でき、業務の負担を軽くできます。妊婦としてもメリットが多く、女性同士で話ができ、分娩へ向けての信頼関係が築けるため人気があります。
助産師・産科医・妊婦にそれぞれメリットがある助産師外来。その内容を詳しくご紹介しています!

助産師の仕事は、出産や赤ちゃんのケアを一貫してサポートすることです。専門的知識を活かしながら、多くの助産師が活躍しているのは産婦人科のある病産院やクリニック。整った設備、院内研修など恵まれた環境でスキルアップも期待できます。その他には市町村の母子健康センターなどで、地域の健康づくりに携わっている助産師もいます。
助産師の資格で特徴的なのは、自身で助産院を開業できること。助産師との距離の近さや、希望のスタイルで出産ができることなどから、出産を迎える女性たちに人気があります。
それぞれの仕事内容を詳しく紹介しているので、参考にしてください。

深い専門的知識を備え、妊娠・出産・産褥期を支えたり、新生児のケアをしたりと、女性の味方として活躍している助産師。その資格を認めているのは厚生労働省で、転職に有利な上、開業も可能というメリットのある国家資格です。
助産師の歴史は古く、江戸時代から「産婆」と呼ばれ頼りにされてきました。資格に関連する規則や法律がしっかりと定められ、平成14年に現在の助産師という名称になっています。
助産師に必要なのは、専門的スキルの他に精神力やコミュニケーション能力。もちろん優しい気持ちも大切です。
助産師になりたいとお考えの方は、まずは助産師の基本情報をここでチェックしてみましょう。

よく読まれている記事

  • おすすめ求人サイト
    おすすめ求人サイト 看護師に比べると求人数は少ない助産師。希望の転職先を見つけたいなら、看護師求人サイトにお任せするのがオススメです!
  • 助産師を目指す人はまずチェック!
    助産師を目指す人はまずチェック! 助産師になるまでの流れをはじめ、必要な費用や期間をご紹介しています。資格取得に向けて動き出す前に、ぜひご確認ください。
  • 助産師外来とは?
    助産師外来とは? 助産師の資格を活かせる現場といえば、助産師外来!妊婦さんに人気で、さらに産科医の負担を減らせる役割としても注目されています。その内容とは?