産科医やママにとって大切な役割がある助産師外来をご紹介

キービジュアル

助産師外来とは?

助産師外来とは?

助産師外来の内容はどんなもの?

助産師外来が設置されているのは、産婦人科を有する病院やクリニックです。医師ではなく助産師が、妊婦健診や指導を行っています。
助産師外来が対象としているのは正常な経過をとっている妊婦。妊娠高血圧症候群などのハイリスク妊婦は、産婦人科医が診察します。妊婦健診では、問診・診察・血圧測定・尿検査などで健康状態を確認、子宮底長や腹囲の測定、エコーなどで赤ちゃんの発育具合をチェックします。さらに、食生活指導をしたり、悩みを聞いたりと、ママの不安を取り除き、健康的な妊婦生活を送れるようサポートも行います。
助産師が自らのスキルをしっかり活かせる助産師外来。ここで活躍できれば、とてもやりがいがありそうですね。

助産師外来ができた背景

厚生労働省が普及を進めている助産師外来。その背景には、産科医不足の問題があります。24時間いつ始まるか分からないお産なので、産科医には体力が必須です。女性の産科医は、自らの出産や子育てにより仕事を続けられず、分娩を扱わない婦人科に移行することが多くあります。また、訴訟に発展するなど社会問題となる事例もあったことなどから、なり手が少ないのも産科医不足の原因とされています。
助産師は正常な妊娠・分娩では医師の指示がなくても処置が可能です。正常妊婦を対象とした助産師外来があれば、医師はハイリスク妊娠の妊婦健診に専念できます。医師の夜勤や妊婦健診の負担が軽減され、助産師のスキルも活かせるなど、双方にメリットが多い助産師外来。国では今後も導入を促進させるため、研修や設備整備事業などに力を入れています。
助産師の活躍は現代社会にとって必要不可欠。これから目指したい資格の候補として入れてみてはいかがですか?

妊婦さんに人気のワケ

助産師や産科医にメリットの多い助産師外来ですが、妊婦にとっても嬉しいポイントがたくさんあります。
まず、妊婦に最も喜ばれているのは、女性同士で話がしやすいこと。女性特有の悩みや不安を相談しやすく、気持ちを軽くできます。さらに、分娩に向けて信頼関係が築けるため安心感も得られるようです。また、助産師外来は予約制のことが多く、待ち時間が少ないのも喜ばれています。父親や子どもの同席を認めてくれることもあり、家族ぐるみで新しい家族の誕生を待ち望めるのも妊婦さんたちに人気の要因です。
このように妊婦側にメリットが多いことも、助産師外来が重要視されている理由のひとつです。

よく読まれている記事

  • おすすめ求人サイト
    おすすめ求人サイト 看護師に比べると求人数は少ない助産師。希望の転職先を見つけたいなら、看護師求人サイトにお任せするのがオススメです!
  • 助産師を目指す人はまずチェック!
    助産師を目指す人はまずチェック! 助産師になるまでの流れをはじめ、必要な費用や期間をご紹介しています。資格取得に向けて動き出す前に、ぜひご確認ください。
  • 助産師外来とは?
    助産師外来とは? 助産師の資格を活かせる現場といえば、助産師外来!妊婦さんに人気で、さらに産科医の負担を減らせる役割としても注目されています。その内容とは?