助産師の資格や歴史、必要なスキルをご紹介しています!

キービジュアル

助産師資格について

助産師資格について

助産師とは?

助産師は厚生労働省に認められている国家資格で、お産の介助や、妊婦・褥婦・新生児のサポートを行うことが仕事です。妊娠中から産後のケア、赤ちゃんの扱い方まで、深い知識を備えて活躍しています。正常分娩時には医師の指示がなくても助産行為が可能で、新しい命の誕生に関われるというやりがいがある一方、大きな責任を負う仕事でもあります。
特徴的なのは、女性しか免許を取得できないということ。看護職のうち、看護師や保健師は男性もなれますが、助産師だけは女性のみに認められている資格です。また助産師は、出産を迎える女性たちに「自分らしい希望の出産ができる」と人気の助産院を開業することができます。キャリア選択の幅が広がる資格と言えますね。

助産師の歴史をひも解く

明治7年  東京・大阪・京都で医制が発令。「産婆」として業務を区分
明治23年 産婆規則・産婆名簿登録規則が制定。「産婆」の資格・試験・業務・登録について全国レベルで定められた
昭和23年 保健婦助産婦看護婦法制定。「産婆」から「助産婦」に名称変更
平成14年 保健師助産師看護師法制定。「助産婦」から「助産師」に名称変更

すでに江戸時代から活躍していたとされる「産婆」。医療が発展していない時代なので、特に資格が定められていなくても、経験豊富な産婆さんはとても頼りになる存在だったようです。
明治23年には産婆の業務が全国的に定められ、正式に資格としてスタートしました。その後昭和23年には「助産婦」に改称され、国家資格として認定。平成14年には現在の名称「助産師」となりました。
資格の基準や名称などの変化はありますが、助産師は昔から現在までずっとお母さんと赤ちゃんを支え続けています。

助産師に必要なスキル

助産師に必要とされるのは専門的な知識や技術。女性の妊娠・出産・産褥期を支えるため、また新生児に適切なケアを行うため、多くを学んでいます。
他に大切なものは強い精神力やコミュニケーション能力です。妊娠中の女性はホルモンの影響で精神的に不安定になりがち。温かく優しい気持ちで包んであげることも助産師の役割です。また、残念ながら幸せなお産ばかりではなく、悲しみを受け止める場合もあります。それでも助産師には、次に待つお母さんや赤ちゃんには笑顔で接することが求められます。
専門的知識・精神力・コミュニケーション能力を備えた優しい人が向いている助産師。でも何より大切なのは、お母さんと赤ちゃんを支えたいという強い気持ちと言えるでしょう。

よく読まれている記事

  • おすすめ求人サイト
    おすすめ求人サイト 看護師に比べると求人数は少ない助産師。希望の転職先を見つけたいなら、看護師求人サイトにお任せするのがオススメです!
  • 助産師を目指す人はまずチェック!
    助産師を目指す人はまずチェック! 助産師になるまでの流れをはじめ、必要な費用や期間をご紹介しています。資格取得に向けて動き出す前に、ぜひご確認ください。
  • 助産師外来とは?
    助産師外来とは? 助産師の資格を活かせる現場といえば、助産師外来!妊婦さんに人気で、さらに産科医の負担を減らせる役割としても注目されています。その内容とは?