活躍の場はさまざま!病院や市町村で働けて、開業もできる助産師!

キービジュアル

助産師のお仕事

助産師のお仕事

病院やクリニックでのお仕事

多くの助産師の活躍の場となっているのは、産婦人科のある病産院やレディースクリニックです。そこでの助産師の仕事は、分娩の介助やそれに関連する母子のケア。一言で表すと簡単なようですが、その内容は多岐に渡っています。
具体的には、親になることへの理解を深める・健康管理・運動や食事の指導など、妊婦をさまざまな面で支えることから始まります。母親教室など、人前で指導を行うこともあります。さらに、分娩時のサポートはもちろん、産後の母親のケア・新生児のケア・母乳指導・育児指導も大切な仕事。また、不妊治療や更年期障害の相談にのることもあります。
多くの病産院やクリニックでは、新しい命を迎える場所にふさわしい清潔感と整った医療機器を備えています。気持ちよく働きながら、多くの分娩を取り扱うことにより経験を積めるのが特徴です。

市町村で活躍する助産師

市町村の母子健康センターや保健センターも助産師が活躍できる職場です。病産院やクリニックでの仕事に比べると狭き門ではありますが、地域に貢献できるので人気があります。
仕事はマタニティ教室や赤ちゃん教室、乳幼児健診など。赤ちゃんのいる家庭へ訪問し、育児相談や母乳指導の実施、身体測定を行ったりもします。事業によっては不妊相談を受けたり、性教育の講座を開く場合もあります。
市町村で働く助産師に大切なのは、専門的知識やコミュニケーション能力。対人サービスを基本とするため、うまく話を聞きだし、状況を把握することが求められるからです。
働くメリットのひとつは、市町村の施設なので規則的にお休みが取れ、身体的負担が少ないこと。ライフステージが変化しやすい女性にとっては魅力的な職場と言えますね。

助産院を開業!

助産師の大きな特徴は開業できることです。正常なお産を取り扱う場合、医師の指示がなくても処置ができるため、このような権利が与えられています。
助産院で行う業務は、妊婦健診・分娩介助・産褥ケア・育児相談など、母親と赤ちゃんを一貫してサポート。しかし緊急時の対応はできないため、医療施設と連携を取る必要があります。
「希望のお産ができる」「助産師さんと距離が近い」など、出産を迎える女性たちに人気のある助産院。水中出産や自宅出産など、病院ではできない方法を取り入れられるのも魅力のようです。助産師を目指す方は、起業をキャリアの選択肢に加えてみてはいかがですか?

よく読まれている記事

  • おすすめ求人サイト
    おすすめ求人サイト 看護師に比べると求人数は少ない助産師。希望の転職先を見つけたいなら、看護師求人サイトにお任せするのがオススメです!
  • 助産師を目指す人はまずチェック!
    助産師を目指す人はまずチェック! 助産師になるまでの流れをはじめ、必要な費用や期間をご紹介しています。資格取得に向けて動き出す前に、ぜひご確認ください。
  • 助産師外来とは?
    助産師外来とは? 助産師の資格を活かせる現場といえば、助産師外来!妊婦さんに人気で、さらに産科医の負担を減らせる役割としても注目されています。その内容とは?