転職で知りたい情報をご紹介。助産師の求人数や助産院の開業について

キービジュアル

助産師の求人

助産師の求人

助産師求人って多い?

助産師が働く職場は、産科のある病産院やクリニックが主です。しかし、産科医不足の問題から、産科のある医療施設数が減少しています。
「助産師の資格を取っても、働く場所がない?」と思われそうですが、そうではありません。産科の減少や少子化社会の問題があるとはいえ、妊婦は確実に存在しており、産科の役割が大切なことに変わりはありません。そして、産科医の負担を軽くできるのは助産師。ハイリスク妊娠は産科医が、正常妊娠は助産が中心となって対応することがとても重要です。
希望の求人がすぐに見つかるかは、運しだいかもしれません。しかし、助産師も女性なため、自らのライフステージの変化に伴って働き方を変えているはず。こまめな調査で望み通りの求人に出会えるかもしれませんね。

助産師の転職

助産師の転職理由として多いのは、「給料に不満」「人間関係が嫌」など。これらは看護師の転職理由としてもよく聞かれる話です。助産師特有の理由としては、「もっと妊婦さんや赤ちゃんと関わりを持ちたい」など、助産師本来の役割に関することが多いようです。
助産師も女性なので、どの年代でも夜勤がこなせるわけではありません。子ども好きな方が多いと思われる助産師。自らの出産を考えている方も多いはずです。家庭を大切にしたいという理由から転職を考える方も多いことでしょう。
転職を考える際のポイントは、『長く働ける職場かどうか』です。常勤・日勤常勤・パートなどの働き方が選択でき、保育所や育児手当があるなどの条件を転職先探しのポイントとするのが大切ですね。

経営者に?独立も夢じゃない!

『助産院を開業できる』というのは助産師に与えられている特権です。開業に当たり、必要な条件はたくさんあります。まず必須なのは助産師としての経験やスキル。「将来は助産院を開きたい」という方も、まずは産科で数年の経験を積むことをオススメします。開業すれば、ひとりだけで判断し、責任を負うことになります。自信を付けて開業しましょう。
さらに、提携先の病院確保も必要です。助産院で扱えるのは正常妊娠のなので、緊急時には提携先の病院に搬送します。助産院や助産師の考えを、病院側に理解してもらい、コミュニケーションがとれることが大切です。
開業するということは経営も行うということ。コンサルタントなど、専門家に相談するなどして、スムーズに助産院を開業させたいものですね。

よく読まれている記事

  • おすすめ求人サイト
    おすすめ求人サイト 看護師に比べると求人数は少ない助産師。希望の転職先を見つけたいなら、看護師求人サイトにお任せするのがオススメです!
  • 助産師を目指す人はまずチェック!
    助産師を目指す人はまずチェック! 助産師になるまでの流れをはじめ、必要な費用や期間をご紹介しています。資格取得に向けて動き出す前に、ぜひご確認ください。
  • 助産師外来とは?
    助産師外来とは? 助産師の資格を活かせる現場といえば、助産師外来!妊婦さんに人気で、さらに産科医の負担を減らせる役割としても注目されています。その内容とは?